実戦はいつか・・・and then

 先日の記事ですが、当ブログでは珍しくリアクションがありましたので、その方々へのお返事がてら二匹目のどじょうを狙おうという魂胆です。

 

 

--------------------------------------

◆「メスティンの中に入れていた、『純正かと見まごうばかりの蒸し料理用網』とはなんだ?」

 

 冒頭の写真のやつですね。前回はめんどくさかったのでざっくりとしか書きませんでしたが、amazonの注文履歴を見たらわかりました。

 

 

 

 

 本間冬治工業というところの「BK 18-8 長バットアミ 18型」というそうです。上の写真でもわかるとおり、びっくりするくらいぴったんこです。これでシュウマイとか山ほど作って食ってみたい。

 

 

--------------------------------------

◆「メスティンを買ったなら、エスビットも買いじゃね?」

 

 エスビットとは固形燃料を使ったソロストーブで、他の燃料を使うものから見れば地球にはとってもローインパクト。

 

 

 

 

 youtubeやブログではメスティンと一緒に登場してくることが多く、実際、炊飯するのに、「このエスビットの固形燃料1つが燃え尽きたらちょうど炊き終わり」みたいに紹介されてるので、その手軽さも加わってちょっと憧れますね。でも個人的にはユニフレームの新しいガスストーブすらまだ使ってないので、まずはそこからです。

 

 

--------------------------------------

◆「焼き用にこんなのもあるぞ!」

 

 と教えていただいたのはコレ。

 

 

 

 

 「パール金属 焼肉グリル丸型ガス火専用 ストロングマーブル懐石 H-5369」。

 

 見た瞬間はその本格的なたたずまいにさすがにビビりましたが、「アルミニウム合金なので軽い」、「コーティングされていて焦げ付きにくい」といったレビューをよく見るとかなりの高評価。

 

 今まで私は焼き用にユニフレームのマルチロースターってやつを使ってたんですが、

 

 

 

 

 何かを焼くときにはフツーにコッヘルのフタをフライパンに見立てて使っていたので、確かに味気のなさを感じることは多々あります。レビューなどによると大きさは直径(内寸)で16cmということだからまさにソロ用みたいですが、雰囲気は出てくるなぁ。値段も1200円とお手頃な額ではありますが。

 

 とか思ってたら、ついさっき愛する奥様から、

 

「最近ちょっとポチッとしすぎちゃうか」

 

 と釘を刺されたところなので、残念ですがしばらくはおとなしく潜伏しておきます。