安定のなんとなく信州・歴史街道ツー 4) 二日目その1・迷った末に陣馬形山

 かさばるのが唯一の難点ではあるけど氷点下でもよゆーでぬくぬく寝られるタスマン(コールマン製)で夜もぐっすり……(゚Д゚)ノ ァィ というか昨晩はそんなに寒くなかったかなー。なもんで、朝は目覚ましが鳴る前の6時前にナチュラルに起床。

 

20150502002

 

 過去(といっても3年)で一番寒くないな…… (´∀`) 晴れていれば起きてすぐにせねばならないお仕事。それはシュラフを干すこと。もちろんコレは毎度ながら四郎号のお仕事である。

 

20150502003

 

 シュラフを四郎号に任せたところで一服しながらサイトの真横にある朝の与田切川を満喫。今年の雪解けのスピードがどうなのかはわからないけど、去年や一昨年よりも水の勢いがちょっといいような気もするなー。

 

20150502004 20150502005

 

 洗面を済ませるために水場へ。

 

20150502007

ライダーと高級車もそれぞれ起き出してました

 

 朝めしは用意してないんでコーヒーだけでとりあえず済ませます。

 

20150502009

 

 あ、そうそう。昨日買った水は、やっぱり、

 

20150502011

これでしょう(笑)

 

20150502012

イエイ (´ω`)v

 

 と調子に乗って写真を撮った後は、そそくさとお片付け。毎度ながらじゃまくさいのですが、気持ちいい夜と朝を過ごさせてもらったんだから文句は言えない (゚Д゚)ノ

 

 

20150502017

立つ鳥跡を濁さずでございます

 

 6時前に起きても出発は8時。ま、のんびりしてたんだから仕方がない。それに今日行こうと唯一思いついたしらびそ峠にも行けないことがわかってるしね ┐( ´-`)┌

 

 キャンプ場から脱出する上り道をひーこら言いながらなんとかクリアし、R153につながる道へ出てきたら逆光ながら南アルプスが望めます!

 

20150502019 20150502020

 

 そして振り返ったら順光でキレイに見える空木岳、南駒ヶ岳~!!!

 

20150502021

*:.。☆..。.ヽ(*´∀`)ノ

 

 やがて「神」と崇めるサークルKが見えてきたらいつものように儀式を厳粛に執り行い、その御礼としてパンと牛乳を購入。そして、毎度ながらこの景色を見ながらのんびりと朝めしを満喫です。

 

20150502023

ワッショイ♪ヘ(^ω^ヘ)(ノ^ω^)ノワッショイ♪

 

 今日中には帰らねばなりません。とりあえずR153に出たら南下し、どっかおもろいところがあったら寄っていこうというアドリブ作戦。もちろんおもろいところがなかったらおしまいナノダが。

 

20150502024

 

 飯島町ってR153からアルプスがフツーに見えるから好きやわ~。

 

20150502025

ミラーの中もコレ (´∀`*)

 

20150502026

飯島町内のR153。朝早いと車もいないから気持ちいい

 

 やがて中川村に入り、見えてきましたエネオスGS。ここ「坂戸峡」交差点を曲がれば陣馬形山。昨夜も行きたいなーと思ったし、そりゃ行きたいけど………この大荷物を載っけてあのアスファルトガタガタの道を行くのは……。というのも過去のツーレポでは、

 

・一昨年「荷物が一つもありませんでした、なんてことがありませんように……(-人-)ナムナム」

・去年「荷物が全部ありませんでした、なんてことがありませんように……(-人-)ナムナム」

 

 と、とにかくビビりまくって上っていった精神衛生を考えると正直迷っちゃうんやけど……。おまけに前回はリアウィンカーのカバーを落とした可能性が最も高いのがこの陣馬形山への道中という……

 

 (-_-)…

 

 行っとけーーーーっ!!!(行くんかいっ!!!!!!!!)

 

 まず最初は広いアスファルト ρ(´∀`) コーナーごとに見え隠れするアルプスにはなるべく見ないようにしつつ上っていく~。

 

20150502027

 

 まもなく中央線はなくなり、やがてしばらくこの道 ρ(´∀`) が続いたら、

 

20150502028

 

 いよいよガタガタ満載のコンクリート道がっ!!!

 

20150502053

オーマイガッ!!! (゚ロ゚;)

 

 と思ったら、途中3か所ほどが新しいアスファルトに舗装されてました! 中川村さん? の努力の跡が見えます! 来年あたりはひょっとしたらコンクリートが全部アスファルトになってたりして!!!

 

 とはいえコンクリのガタガタがなくなったわけでもなく、ずーっと上りだし、後ろに振り返って荷物を確認するヒマすらないんです!! どうか荷物が跡形もなくなって………なんてことがありませんように (-人-)ナムナム……って今年もやっぱりおんなじことお祈りしてるやん!!

 

 そしてなんとか到着してすぐさま荷物をチェック!(笑)

 

20150502029

 セーフ!!!!!!!!!!!!!!

 

 サイトの様子をチェックしてましたがそれは後に回すとして、とりあえず展望台に急ぎます。 

 

20150502035

 

 そして展望台に上がった途端、知ってはいても、見るたびに息をのむとしか言いようのない景色が眼前に……

 

20150502037

 

 

 この風景も3度目にもかかわらず、見えた途端に「マジか…」と呟き、心の底から来てよかった…と思い、涙が出そうになり、そして他に誰もいないのを確認したら、

 

20150502039

三脚で記念撮影(笑)

 

 反対側にはもちろん南アルプスがあるのだが、朝のうちは逆光になってるし、この時期は霞んでるし、たいていはぼやーっとしかみえないんですが、

 

20150502043

けっこう見えるーっ!! ヤタ━━━━━━ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!

 

 なぜかハエがぶんぶん飛び交ってるのが誠に残念ながらなおもベンチに座ってぼーっとしてるうちにわらわらと他の方々が。その中でマウンテンバイクを運びながら階段を上ってきた若者3名。「おー!!」「すげー!!」「なんじゃこりゃ!!」と口々にほどよく叫び(ほどよく、というのがよかった)、「写真撮ろうぜ」と言い始めたのでベンチからどいてあげたら、

 

青年A 「あのぅ……写真撮ってもらっていいですか?」

 

 いいでしょう(笑) 3人そろったのを何枚か違うアングルでぱしゃばしゃ撮ってあげ、あとは一人ずつ撮ってはりました。なかなか爽やかないい青年たちでした(笑)

 

20150502045

 

 ふと気づくと別のベンチでばっちり昼寝を決め込んでるおっさんもおったりしましたが、展望台をぐるりと一周した動画も撮ってみました。ときどき黒く小さい斑点が飛び交ってますが、ハエみたいな虫なので気にしないでください(笑)

 

 

 飽きもせずボーっとしばらく景色を堪能したらぼちぼち四郎号に戻ります。ところで陣馬形山キャンプ場の様子をばこのタイミングで。

 

20150502031

1段目。中央アルプスを堪能するならやはりここか

 

20150502032

2段目。駐車場に近いところ(手前)なら1段目よりも眺めはいいかも

 

20150502033

3段目。広さは一番。ここも奥(展望台側)よりは手前側の方が眺めはいいかも

 

 ちなみに本日ここに到着したのがほぼ9時。この時点で2段目までは前泊してる方々で埋まっており、この日来た方々は3段目に張ってましたが、9時の時点で中央アルプス側はほぼ埋まってました。実は昨日御座松キャンプ場に泊まりましたが、実は陣馬形山と迷ったんですよね。御座松に着いた時間が11時だったから、あのままココに来てたらテントを張る隙間もなかったかもしれん。いつかはココに泊まるためだけにツーリングに来るのもいいかもしれませんなぁ。ココは泊まることだけで価値のある数少ないキャンプ場だと思います。

 

20150502052

横の駐車場の隙間にすべり込んで撮影

 

 帰りの道でも当たり前だがコンクリート部分でビビりまくり、まぁ下りだったら落ちた荷物は前方に転がるから気付くだろうと思ったら多少は気が楽になり、途中にあった花桃のきれいな木の下で写真を撮るくらいの余裕は出てました。

 

20150502054

 

 おまけにこともあろうか下りで道に迷ってしまい、集落の奥の方に続く思わぬ方向に入ってしまったところでこれまた中央アルプスの見事な風景とも出会え、また癒されたりしつつR153まで下りていきました。

 

20150502062