安定のなんとなく信州・歴史街道ツー 2) 初日その2・迷った末に近場周遊の旅

 時計を見たらちょうどお昼。ここからは買い出しとお風呂。あとは時間がイケそうなあたりまで近場をうろうろするだけ。しばし中央アルプスの遠望をご覧ください(笑)

 

20150501035

 キャンプ場から出て振り返るとこんな感じに見えます。中央やや左に見えるのが空木岳

 

20150501037

 R153沿い。菜の花とアルプス

 

20150501038

R153沿い

 

 さて、R153を北上すると駒ヶ根市。

 

20150501039

 

 ここで中央道の駒ヶ根ICへの案内にしたがって県道75号線を西へ。

 

20150501040

ヤホーイ ━━━(゚∀゚).━━━!!!

 

20150501041

 

 そうです。これは木曽駒のロープウェイへと続く道なノダ。もちろん今回は時間がありそうでなさそうだということもあるし、第一お金があまりないという経済的事情もあり木曽駒まではいけないまでも、バイクで行けるギリギリのところにある温泉に行こうという寸法。

 

20150501056

 

 ところどころで咲き残っている桜を眺めながらのんびりと走ると、やがてロッジ風のこまくさの湯が見えてきます。

 

20150501053 20150501044

 

 このこまくさの湯に来たのにはワケがある。それはツーリングマップルにあった「南アルプスを遠望しながらゆったり入浴500円」というコメント! 「男女の湯が入れ替わっています」と手書きされてぶら下がっていた札が気になりつつも、わくわくしながら突撃!

 

20150501048

誰もいなくなった隙を狙って激写の露天風呂

 

 そして肝心の「遠望」はというと、

 

20150501049

ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!

 

 これだけー!?(笑) そういえば……「男女の湯が入れ替わっています」なんて札があったな……ひょっとしたら……(ノД`。) でもまぁアルプスは少し出し惜しみしてくれるくらいがちょうどいいのかもしれん(笑) しかも見えてるのは南アルプスの北端に位置する標高2685mの鋸岳! 次回のツーリングからは南アルプスに近づくぞー! なんて考えながら、なんやかんや言いながらもさんざんお湯を満喫して出てみると、

 

20150501050

(`・ω・´)ハケーン!!!

 

 ただし、富より健康とは書いてませんでしたが、きちんと腰に手を当てて牛乳をごくごくさせていただきました!

 

 中だと暑くなってきそうだったので外に出て休むことに。入口脇のベンチに座ってゆる~い風に吹かれながら一服 (´ー`)y-~~

 

20150501052

入口から見た眺め。四郎号も奥で待ってます

 

20150501051

桜の木から散った花びら

 

 荷物を後ろに載せて使ったタオルをバーにくくりつけたら周遊の旅再開!

 

20150501054

こまくさの湯の前から振り返ったら鋸岳

 

 県道75号線を再びR153に戻ります。

 

20150501055

こちらにもアルプス

 

 R153に出たら伊那方面へ。

 

20150501058

 

 右手にもアルプスが遠望できます(笑)

 

20150501059

 

 どこかでスーパーがあればそこで買い出しもしちゃうんだけど……と思いながら伊那市に近くなってもなかなかスーパーがない(笑) R361よりも快適に高遠に行ける県道209号線に乗るために結局伊那市街地の手前にある沢渡で天竜川を渡る。

 

20150501063

 

 交通量もほぼ皆無~ ヽ(*´∀`)人(´∀`*)ノ

 

20150501064

 

 一旦左に曲がって県道210号線に入ってもまたすぐ県道209号線を高遠方面に曲がると今度は三峰川沿いの爽快な道~ ヽ(*´∀`)ノ

 

20150501066

 

 と思ったらあっというまに高遠の町が近づいてきて、そこにスーパー発見!

 

20150501067

 

 大きすぎず小さすぎずの手ごろな大きさが気に入った! っつか最近のスーパーってショッピングモール化してでかいだけで疲れるんよね……(笑) 買うものも少ないんですがいかんせん水が重いので、段ボールをもらってそれに詰め込み、四郎号に装着完了 (`・д・´)ゞ

 

20150501068

 

 時間は2時過ぎ。まだ時間もありそうなので少し高遠に向かい、今度はR152を南下! 分杭峠に行ってみよう ( ・ω・)ノ

 

 このR152は諏訪から杖突峠を越えて高遠に至る間は杖突街道、高遠からは浜松までは秋葉神社に向かう秋葉街道として古くから使われていた由緒ある道なのであーる。

 

 仙丈ケ岳? をチラッと見ながら気持ちいいストレートを抜けると、

 

20150501071

 

 道の駅南アルプスむら長谷の手前で美和湖が見えてきます。

 

20150501073 20150501074

 

 ここらあたりでツーリングマップルでは「南アルプスを見ながら走る快適2車線」とありますな(あまり見えませんが)。少しの間だけ美和湖沿いをするするする~っと進んでいくと、

 

20150501075

 

 今度は三峰川に沿って進みます(快適なのは言うまでもない)。ここらは日本列島を南北にはしる中央構造線に沿ってるんですね。言われてもよくわからないけど(笑)

 

20150501081

 川沿いの山に向かって行く道はなぜかわくわくしますー

 

 長谷市野瀬というあたりからR152は完璧な林道モード。くねくね……

 

20150501082

 

 くねくねくねくね……

 

20150501083

 

 くねくねくねくね……向かいから車来たらどないすんの! みたいな幅の強烈な上りのヘアピンが連発。四郎号もまさにひーひー言いながら「登って」いくと、中沢峠を越えたらやがて見えてきました分杭峠!

 

20150501086

おー。絶景かな絶景かな~。走ってきた高遠方面の谷が見える

 

20150501085

 

 江戸時代、高遠藩が南方にあった天領(幕府領)との境界に杭を立てて目印にしたことから由来しているのがここ分杭峠。ゼロ磁場のパワースポットとしてすごく有名なワケですが、鈍感barちゃんにはな~んにも効果がわかりませんでした(笑)

 

20150501087

こういうときにバイクは便利です

 

 分杭峠から「伊那谷のメインルートR153とは対照的な静かな山間ルート(ツーリングマップル)」であるR153を南下します。「静かな山間ルート」というのは、

 

20150501089

 

 こういう「林道」という意味だったんですな!!!(対向車が来なくてよかったッスw)

 

20150501091

途中にあった見事な花桃

 

 完全「林道」のR152でだいぶ下りていったところで出てきた「中央道松川IC」の案内板にしたがって県道22号線へ。

 

20150501092

中央線がある道ってすばらしい!

 

 途中から県道59号線にスイッチしますが、とにかく「松川IC コッチ」の看板にしたがってれば大丈夫。

 

20150501093

 

 R153に戻ってきた交差点で時計を見たら4時前。ちょっと早いけどぼちぼちキャンプ場に戻るとするか。

 

20150501094

 

~本日のお散歩周遊コース~

map20150501