ガマンの限界!! 梅雨明け二日目若狭ツー 2) 最果て感満載!常神半島~リベンジ!エンゼルライン

 「止まると暑い」というのは、みまごうことなく夏の印! だけど、まだ梅雨明け二日目だよ……と一人ヘルメットの中で誰にともなくツッコミながらレインボーラインを下界までおりてくると、R162に出るために右折するところで先輩が急遽左に!! 曲がったところにあった自販機の前で止まった。

 

bar 「どうしたんですか?」

先輩 「この半島って、なんていう名前やったっけ」

 

 やおらツーリングマップルを取り出して見てみると、「常神半島」とある。そのページを見せると、

 

先輩 「お。やっぱり! こないだ見た(ツーリング)雑誌に載ってた!」

bar 「そうなんですか」

先輩 「行ってみるか!」

bar (゚Д゚)ノ ァィ

 

 「走っていれば暑さもマシ」という中、僕たちは半島の西側を走る県道216号線で、先端まで行くことに。

 

 さて、この常神半島。ツーリングマップルには、「神にまつわる地名が多い」とのことだが、確かに半島の付け根から、「遊子」、「神子」、「常神」といった集落名が目につく。

 

20140722133

遊子あたり

 

 このあたりですでに、どことなく「最果て感」が盛り上がってくる。というか、寂しさを感じさせる。とはいえ、この寂寥感がツーリングではいいんですなぁ…(ノД`。)ホロリ

 

20140722137

 

 小さな半島なので、アップダウンも軽い程度。おまけに路面がけっこうマシなので、するする~と進めちゃいます。と思ったら、

 

20140722145

 

 なんていう駐車場があったのでご休憩。

 

20140722139

 

 ここは(たぶん)神子集落の手前。んん~…… (´ー`)y-~~

 

20140722147

 

 ほどなく進むと海水浴場なんかもあったりして、我らと同じように梅雨明けを早速満喫する数組の家族が水遊びをしてました。

 

20140722149

 

20140722153

神子集落(?)

 

 目指す突端・常神集落へラストスパートだ!

 

20140722155

 

 ぐいっと上り、

 

20140722161

 

 ぎゅいーんとカーブをいくつか繰り返すと、

 

20140722163

 

 まさに「ザ・漁師町」と呼ぶにふさわしいような常神集落に。道も狭いのでゆっくり走っていると、潮の香りが……(´▽`)

 

 そして、やがて県道216号線の終点に到着!

 

20140722167

 

20140722171

 

 僕がおしっこを済ませている間に先輩は本当に岬の先端に行ってきたようで、「灯台があるだけやわ。ほんまに先っぽやねんな」とのことでした。

 

20140722177

 

 それにしても水がめちゃキレイ! こんなクソ暑いんやったら、海パン持ってくるんやったー!!!

 

 それはさておき、いくら水がキレイでも、「止まれば暑い」のはいっこうに変わらない。というか、今までよりも明らかに暑さがキツくなってきてるような……。時計の温度計は38℃と出ておりました。Σ(゚ロ゚;) そして時刻は11:50。にもかかわらず、あまり腹もへってないので、このままエンゼルラインへと突入することに。

 

先輩 「ちょっと待て」

 

 そう! 先輩秘蔵のスーパーナビの登場である!

 

先輩 「エ……ン……ゼ……ル……」

 

 一文字一文字打ち込んでる先輩を見てると涙が出てきた(笑)

 

20140722179

 

先輩 Σ(゚ロ゚;)ハッ!!!

bar 「どないしましたん?」

先輩 「エンゼルラインで検索しても出てこぅへん……」

bar 「はぁ? マジすか?」

先輩 「んん~、ほんじゃ別のキーワードで…」

bar 「ツーリングマップル見たらわかりますから、もうナビはええですやん!」

先輩 「あかん! 俺はナビを使いたいの!!」

 

 融通のきかないおっさんである。

 

bar 「あーもーめんどくさいなー! ほんじゃ須夜ヶ岳って検索してみてください」

先輩 「何それ」

bar 「エンゼルラインの頂上にある山の名前みたいですよ」

先輩 「それ(ツーリングマップル)、貸せ!」

 

 僕からツーリングマップルを取り上げてピコピコやってたものの、

 

先輩 「出てこぅへんぞ!」

bar 「知りませんよ……。もう行きましょうよ」

先輩 「他には何をキーワードにしたらいいんや!?」

bar 「何がしたいんですか!! ……もう……。そしたら、この『阿納尻』はどうです?」

先輩 「何それ」

bar 「エンゼルラインに入るところにある交差点の名前ですよ。ほれ、ココ」

先輩 「おぉ。それでいこう」

 

 またピコピコ……。

 

先輩 「あった!!! でかしたbar!!!」

 

 やっとこれで出発できる……。先輩の機嫌もなおったところで出発~! と思ったら、

 

20140722181

 

 のっけからバスに先導されてしまい、時速30Kmを強いられました(笑)

 

 やがてバスは神子集落のバス停で止まったので脇をやり過ごし、あとは行きと同じように、スムーズに進みます。

 

20140722185

 

20140722189

 

20140722193

 

 やがてR162に出て、一路「阿納尻」交差点へ!(笑)

 

20140722195

 

20140722205

 

20140722207

海際で眺めのいい箇所もあるR162

 

 そしてやっとこさ出てきた「阿納尻」交差点からいよいよエンゼルライン!!! 実は僕も2年前に三方五湖に来たときには通行止めを喰らい、走ってないノダ!

 

 まずは入口のゲートまでの「助走」区間を進むと、

 

20140722211

 

 開いてました!!!! キタ━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━ッ!! 僕たちはそそくさと進み、エンゼルラインを満喫!

 

20140722217

向こうまで道を見渡せるこんな区間、大好物~

 

20140722223

 

20140722225

 

 ほどなく見えてきた第2駐車場へ。

 

20140722231

 

20140722237

 

先輩 「初めてのエンゼルライン、気持ちええわ~」

bar 「実は僕も初めてなんですよね」

先輩 「マジか!? お前でも初めての道なんかあるんやな」

bar 「そりゃいくらでもありますよ…」ヾ(・∀・;)

先輩 「でも、ここが第2駐車場ってことは、この先に第1があるんやろな」

 

 というわけで先に進むことに。

 

20140722239

 

20140722241

 

 5分もしないうちに第1駐車場到着。

 

20140722245

 

 誰もいない(笑)

 

20140722247

霞んで向こうが見えない(笑)

 

先輩 「ところでbarよ」

bar 「はい。なんでしょう」

先輩 「お前、ガソリンはどうなんや?」

bar 「あぁ…そういや、もうちょっとでキビしくなりますね」

先輩 「オレはすでにキビしい」

bar 「R162に戻ったらガススタくらいあるでしょ」

先輩 「せやな!」

 

 この安易なやりとりが悲劇を生むことになるとは思いもよらなかったのである。

 

20140722253

 

(つづく)

 

1) 舞鶴道開通記念突入!お得なレインボーラインへ

2) 最果て感満載!常神半島~リベンジ!エンゼルライン

3) 恐るべし!R162~Mr.オバマの昼メシ~舞鶴