ガマンの限界!! 梅雨明け二日目若狭ツー 1) 舞鶴道開通記念突入!お得なレインボーラインへ

 6月初旬に始まった梅雨……。毎年のことではございますが、しかし梅雨ってやつはどうにもなりませんな。天気が相手なだけに、どーしようもありませぬ。┐( ´-`)┌ いえね、バイクにだって別に毎日乗ってるわけじゃないんですよ。でも、「乗らない」と「乗れない」は大違い!!! 「乗れない」となると余計に乗りたくて尻がうずうずしちゃう!

 

 世間様が大騒ぎしていた3連休の最終日・7月21日(月祝)に梅雨が明けたとの知らせを当たり前のように3連勤だった僕は職場でゲット。そしてその21日の夜に、翌日22日が休めることが判明(どんな職場や…)したところ、再び例の先輩と(なぜだか)一緒にツーリングに行くことが決定。(なぜだ…) 前日の先輩とのメールのやりとりで、

 

先輩 「どこに行きたい!?」

bar 「はい?」

先輩 「伊勢エビ食いに行くか!? それとも毛ガニ食いに越前に行くか!?」

bar 「一部、季節感を無視したテーマが…」

先輩 「どっちや!? 決めろ!!」

bar 「(めんどくさいな……)んじゃ、先輩に全部任せます!」

 

 と丸投げしてみたら、

 

先輩 「よし!んじゃ8時に(西宮)名塩SAに集合な!」

 

 意外とOKだった(笑)

 

 さて、寝坊すると仕事にも支障が出る可能性があるので(笑)、当日は6時起き。高速に乗ってしまえば名塩までなら1時間ほどで行けるのだが、起きてからちんたらしてるとあっというまに時間が過ぎる。集合時間の2時間も前に起きておきながら慌てて支度をして、

 

20140722013

いつもの「暖機橋」にて朝もやを眺める

 

 いつもの摂津北出口と西宮山口JCTのクソ渋滞、そしてすでに「もや~~~~~~っ」とした熱気を含んだ空気にもめげずに西宮名塩SAに到着したのが7:40。学生時代に「集合時間が起床時間」という伝説を残した僕としては、もはや「前ノリ(前泊)」にも近い集合時間20分前到着である。

 

20140722017

 

 缶コーヒー飲みながら、「この後はどういう展開になるのか」の予想。集合場所がここ西宮名塩SAであること、そして昨晩のメールから、舞鶴若狭道に乗るのは確実。問題はそこからである。最近の先輩の言動を思い返してみると……。

 

「いや~、丹後半島一周してぇ~」

「おいbar、知ってるか。舞鶴若狭道が北陸道とつながったよな」

 

 ここから推理すると、考えられるコースは三つ。

 

(1)途中から無料の自動車道に乗って城崎温泉に行く→そこから丹後半島一周もあり得る(下図の赤コース)

(2)途中から京都縦貫道に乗って天橋立に行く→そこから丹後半島一周もあり得る(下図赤~青コース)

(3)舞鶴若狭道で敦賀まで行き、そこから三方五湖→小浜→舞鶴の若狭総ナメコース(下図赤~青~緑コース)

 

map01

 

 「さぁ、どれだー!?」なんてことを考えながらツーリングマップルを見ていたらぶるる~んと先輩登場。時刻は7:58。一服しつつ、

 

bar 「んで先輩、どこに行くんスか?」

先輩 「せっかく舞鶴若狭道が北陸道とつながったんやから、敦賀まで行ってみるか!?」

bar 「第3のコースですな」

先輩 「は?」

bar 「あ。こっちの話です(笑)」

先輩 「だってつながったのっておとついやろ?」

 

 そう。舞鶴若狭道が北陸道とつながったのは7月20日なのでアール。

 

20140722021

ガソリンも入れてGo!

 

 舞鶴若狭道も小浜までは2車線で車もまぁまぁいたのだが、小浜から先は「新しい道感」満点。匂いも何やら「新しい感」満点! 新しくできたんだから新しい感が満点なのは当然なのだが、「高速の新しい感」ってのが味わえるのもめったにないんじゃない!?

 

20140722023

 

 

 若狭上中→三方五湖PA→若狭三方と通り過ぎ、予定通り若狭美浜ICで下りたら、

 

20140722031

 

 R27がすぐそこ、というロケーションでした。(持ってるツーリングマップルだともちろん新しい舞鶴道は書かれてないし、頼みのグーグルマップにも載ってないノダ)

 

20140722035

 

 西宮名塩SAでの協議により、「三方五湖レインボーラインには、いつも入ってる方(下図の緑コース)ではなく、反対側(下図の赤コース)から入りたい!」と意見が一致しているのである。

 

map02

 

 ちょっとだけ田んぼの間を走り、

 

20140722037

 

 海が見えた瞬間、急停車してとりあえず写真を撮る先輩。

 

20140722039

 

 を撮る僕(笑)

 

 しかし止まると暑い……(´Д`lll) そりゃ今日の予想最高気温は35度だもんね……。

 

 レインボーラインにいつもと反対側から入るといっても、ちゃんと「レインボーラインこっち」という標識が要所要所にあるので大丈夫。

 

20140722051

 

 何度目かの「←三方五湖」の標識を曲がっても、

 

20140722045

 

 こ~んな長閑な農道みたいなところを走ります。どんなけ長閑かといいますと………左を見たらρ(´∀`)

 

20140722047

 

 右を見てもρ(´∀`)

 

20140722049

 

 っていうくらい長閑なんです(笑)

 

 とはいえ、ほどなくしていよいよレインボーラインの料金所が見えてきた。料金は、「二輪730円」と看板に見える。

 

おっさん 「はい。370円ね」

bar 「はい?」

おっさん 「370円」 (´ー`)

bar 「え? 700円とかじゃないの?」

おっさん 「そう。半額やねん」

bar 「そうなん!? やったー。でも、なんで?」

おっさん 「特別に370円やの」

 

 これ以上会話が成り立ちそうにもなかったので切り上げ(笑)、レインボーライン突入!!! (どの写真もむさくるしいおっさんとビックスクーターが写ってますが無視してください)

 

20140722057
20140722065

 

20140722067

 

20140722069

 

 上り始めて少ししたらプチ駐車場。そこで一服。

 

bar 「お得感満載ですね!」

先輩 「そうよ!!」

 

20140722071

 

 そしてまたぐいぐい走りだし、

 

20140722087

 

 また見えてきたプチ駐車場で景色を堪能し、

 

20140722089

 

 また走り出したら、ようやく第1駐車場に到着。

 

20140722105

 

 あまりの暑さにバテバテの二人でしたが、そこは持ち前の気力と根性で這うようにレストハウスまで歩き、まずは

 

20140722095

 

 ソフトクリームでございます。ヽ(´▽`)ノ

 

20140722101

ロープウエイで山頂まで2分だそうな

 

20140722103

第1駐車場から三方五湖を望む

 

 しかしいくらソフトクリームを食っても暑いことに変わりなしっ!! (・∀・;) 二人でふぅふぅいいながら、

 

bar 「こっからどうしますか!?」

先輩 「う~ん……」

bar 「どうしました?」

先輩 「こっから先は考えてなかった」

 

 Σ(゚ロ゚;)

 

bar 「んじゃ、このまました道でエンゼルラインを目指しますか?」

先輩 「お。それいいねぇ」

 

 結局僕が決めているではないか。

 

先輩 「前来たときは、なんでかしらんが通行止めになってたんよなぁ」

bar 「あ、オレもです。んじゃお互いリベンジということで!」

 

ワッショイヽ(´∀`)メ(´∀`)メ(´∀`)ノワッショイ

 

 となったかどうかは記憶が定かではないが、とりあえずレインボーラインを下りることに。

 

20140722107

ぎゅいーん

 

20140722113

ぎゅいーん

 

20140722117

ぎゅいーん 

 

20140722119

ぎゅいーん

 

20140722121

ぎゅいーん

 

20140722123

ぎゅいーん

 

20140722125

ぎゅいーん

 

 とみるみる標高を落として下界へと舞い戻ってきたのでアール。

(つづく)

 

1) 舞鶴道開通記念突入!お得なレインボーラインへ

2) 最果て感満載!常神半島~リベンジ!エンゼルライン

3) 恐るべし!R162~Mr.オバマの昼メシ~舞鶴