史上最大のオチ付き白馬・歴史街道ツー 09) 3日目その2・屈辱の大島城址

 R153は本当に美しい道だ。本当にどこからでも長閑な田園とアルプスが見える。ちなみに現在の「barちゃん的住みたい町ランキングTOP5」は以下のとおりである。

 

1位 飛騨高山

2位 信濃大町

3位 駒ヶ根

4位 伊那

5位 諏訪

 

 ちなみに実現する可能性が極めて低いとだけ付け加えておこう ヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

 

 アホなことはさておき、次にボクが目指すのは大島城址である。R153からは松川町に入って脇道に逸れたらあるハズ。突然、「←台城公園行くならコッチだ!!」的看板が出てくるのでぐるんと脇道に逸れて、

 

20140504073

 

 ほんまにこの道で合うてんかよ…と思いながら進むと、

 

20140504074

 

 台城公園の駐車場(無料)が現れます。

 

20140504075

 

20140504077

 

 大島城は武田家の支配時代に伊那谷の拠点とされ、重臣・秋山信友に改修築城させた重要な城。勝頼公の時代には、叔父・武田信廉を城将としていたのだが、1582年に織田軍が侵攻してくると信廉は戦わずして武田家本拠地・甲斐に逃亡。結局、この大島城は大軍の織田軍を前に自落してしまったのである。

 

 ちなみに、亡き信玄の弟であり、一門衆の筆頭とも言われていた信廉の敵前逃亡は織田軍の士気を上げ、武田家の士気を著しく下げてしまうことになるのだが、仁科五郎盛信公をはじめとした高遠城の城兵たちの士気だけは上げることになるのだ。

 

 2月29日、攻め手の総大将だった織田信忠(信長嫡男)が、盛信公に書状を送って降伏を促したとされている。

 

「武田勝頼は不義なので退治する。木曽(義昌。勝頼の義弟)、小笠原らも降伏した。上飯田、大島まで自落したのに、城を堅く守っているのは神妙なことである。しかし、勝頼は昨日、諏訪をひき退いている。早速出仕し忠節を誓うのであれば所領は望みのとおりにするし、黄金百枚を差し上げるものである」

 

 これに対して我らが盛信公は、籠城する守備隊一同の名でただちに返書をしたため、使者としてやってきた僧侶に対し、「仏につかえる身でありながら、このような役目を負うのは言語道断である」として、その僧侶の耳と鼻を削ぎ落して送り返したとされている。

 

 その盛信公の返書には、

 

 「信玄以来、信長に対しては遺恨を重ね持っている。ようやく残雪もなくなったので、勝頼は尾張・美濃へ織田討伐として動き、鬱憤を晴らそうかと思ったいた。ところがそちらが発向してきたので籠城しているまでである。一端一命を勝頼に武恩として報いるものであり、不当不義の臆病な輩(やから)と同じにしないでもらいたい。早々に馬を寄せて攻められよ。信玄の頃から鍛錬してきた武勇、手柄をお見せしよう」

 

 結局わずか1日で高遠城は守備兵がほぼ全滅するのだが、それにひきかえ信廉のテイタラクぶりはいかがなもんだろうか。これが名門・甲斐源氏武田家の終焉なのである……。

 

 ところでこの大島城址は先ほどの写真にもあったように現在、その別名をとられて台城公園として整備されているが、その城全体の遺構は比較的よく残されていることでも知られている。

 

 駐車場から入ると、まずは「三日月堀」と呼ばれる堀がある。

 

20140504078

 

20140504080

 

 さらに進むと、武田流築城術の特徴でもある、丸馬出し跡が見えてくるので、

 

20140504081

 

 上にのぼってみた。

 

20140504082

 

 丸馬出しから見下ろした三日月堀。

 

20140504083

 

 そこから進むと三の丸跡がまずは見えてくるので階段を上がってみると

 

20140504086

 

 パターゴルフのコースになってました(笑)

 

20140504087

 

20140504089

 

 そして遠くにこいのぼりが見えてきたところが二の丸跡。

 

20140504090

 

 こちらは二の丸の土塁跡。

 

20140504118

 

 二の丸跡はこいのぼりのはためく児童公園にもなってて、

 

20140504091

 

 児童公園の部分以外はただの広場になってるのだが、かなり規模が大きいことがわかる。

 

20140504092

 

 三の丸、二の丸とたどり、本丸へ向かいます。その途中、やたら華やかになってきて、

 

20140504093

 

 ふと振り返ると、見事につつじが咲き誇ってました。

 

20140504095

 

 後で知ったのだが、大島城は今は「つつじの公園」として有名なんだそうな。高遠城は言わずと知れた「桜の公園」。これは偶然なんだろうか。

 

20140504096

二の丸と本丸の間にある堀切跡

 

 つつじを後ろに進むとやがて本丸跡にたどり着きます。

 

20140504097

 

20140504099

 

 本丸は城の中枢。この規模だとけっこうな大きさの城であることがわかる。

 

20140504100

 

20140504102

本丸から見る伊那谷の様子。織田軍が来たのはこちらからなのか

 

20140504103

本丸の奥(東側)にある祠

 

20140504104

 

 そこに井戸跡とあったのでさらに奥に行ってみる。

 

20140504105

 

20140504106

城の北東の天竜川の眺め

 

20140504107

西の方にはアルプス。信廉らもこの景色を見ていたに違いない

 

 本丸から井戸跡へはぐんぐんと下っていく。

 

20140504108

 

20140504109

ふと見上げると新緑が目にしみる

 

 やがて見下ろせるところに何やら囲いが見えてきて、

 

20140504112

 

 それが井戸跡。

 

20140504116

 

20140504114

 

 落城の際には、お姫様がこの井戸に身を投げたというもの悲しい言い伝えもあるそうな。

 

 これで大島城址めぐりはおしまい。これだけの規模を誇りながらも、戦うことなく落ちた城。もう来ることはないだろうな。自落するような城に思い入れは何もない。

 

 駐車場に戻って、

 

20140504122

 

 遠くのアルプスを見ながら、またツーリングマップルを見て作戦会議。

 

 しかし歩き回ったので暑い暑い……(;´Д`A `` このあたりではもう気温は軽く25度近くになってたこともあって冬ジャケも脱いでTシャツ一枚の夏仕様に。

 

 県道428号線でR153をまたいで進み、

 

20140504123

 

 「R153よりも快適に走れる」という県道15号線を北上。

 

20140504124

 

 次なる目的地へと向かったのである。

 

(つづく)

 

------------------------------------

01) 初日その1・プロローグ~アルプス展望道路

02) 初日その2・アルプス展望広場~白馬

03) 初日その3・富より健康!白馬グリーンスポーツの森キャンプ場

04) 2日目その1・キャンプ場の朝~いざ白馬へ!

05) 2日目その2・白馬三昧!~さらば白馬村

06) 2日目その3・北アルプスパノラマライン~高遠城址

07) 2日目その4・リベンジだ!! 御座松キャンプ場

08) 3日目その1・キャンプ場の朝~何度も行きたい陣馬形山

09) 3日目その2・屈辱の大島城址

10) 3日目その3・まつかわ温泉~これが本当の「オチ」

 

indexへ