史上最大のオチ付き白馬・歴史街道ツー 05) 2日目その2・白馬三昧!~さらば白馬村

 一旦キャンプ場を出て管理棟に行き、キャンプ場使用の札を返したら、再びR148へ。


 昨日(平日)とは違い、今日と明日はGW最後の週末。どこに行っても混んでるやろなぁと覚悟を決め、まずは「大出の吊橋」というところを目指すことに。ツーリングマップルによると、「白馬三山の絶景が眼前に」とのコメント。行かねばなりますまい!!

 

 白馬の町は小さい。R148を少し走るとR406が出ているのでそこを右折。あとは数か所しかない「吊り橋コッチ→」みたいな看板さえ見失わなければ大丈夫。5分ほどで駐車場(無料)に到着!

 

20140503039

すでに10数台の車。さすがGW

 

 駐車場に四郎号を止めたら、あっけないほどすぐそこに「大出の吊橋」が。

 

20140503040

 

 一応、「観光資源として整備しよう」という気配は感じられるものの、止まっていた車のわりには人じたいがあまりおらず、静かに眺めることができました。

 

20140503046

うむぅ……やはり絵になる眺めやな……

 

20140503047

清流と新緑と白馬

 

 駐車場に戻り、次はどこに行こうかなーとツーリングマップルを見ていると、どこからかライダー風のおっちゃんがやってきてご挨拶。

 

おっちゃん 「おはようございます」(´∀`)

bar 「あ。おはようございます」

おっちゃん 「吊り橋はもう見られました?」

bar 「はい。いい眺めでした」

おっちゃん 「私も見終わって、ちょっとうろうろしてました」

bar 「あ、ひょっとしてハヤブサの……」

 

 近くに止まっている青いハヤブサに目をやる。

 

おっちゃん 「ええ。ところでこれからどちらに」

bar 「まだ決めてません(笑)」

おっちゃん 「それなら先ほどボクは見てきたんですが、野平はいかがです?」

bar 「野平?」

 

 ボクが開いていたツーリングマップルに目をやると、おっちゃんも覗きこむ。少し指先を宙で泳がせていたが、あココです、と指を止めた。よく見てみると、確かに「野平」という集落の名前が印刷されている。

 

おっちゃん 「ボクも知らなかったんですけど、白馬の有名なビュースポットみたいですよ」

bar 「へ~!」

おっちゃん 「高価そうなカメラを持った人たちがたくさんいましたから」

 

 そこまで言われれば行かねばなるまいっ!! おっちゃんにお礼を言って ( ^∀^)ノシ 早速出発だー!

 

 と勇躍四郎号に乗って出たのはいいのだが、ふと脇道をみるとそこからも白馬がどどーん!!! と見えるではないか!

 

20140503048

 

20140503050

ヤタ━━━━━━ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!

 

 この道もまたヨサゲな道やんかいさー。

 

20140503051

 

 しかし目指すは野平。地図で見る限りはあっというまに着きそうなほど近いのだがツーリングマップルの「白い道」を進まないとたどり着けなさそうなので、最初から「白い道」を進んで迷ったらシャレにならん。ここは無難にR148からアクセスしよう…と考え直し、戻ることに。

 

20140503052

白馬駅前交差点。ここからも白馬を眺められる

 

 白馬の町は小さい。R148に出てすぐにあった松川橋という橋を渡っている最中、ふと左を見ると、ここからも白馬の壮大な眺めが!!! とはいえ後続の車もあって片側1車線しかない橋のど真ん中で止まるわけにいかない。橋を渡りきったたもとにスペースがあったのでそこに四郎号を入れ、

 

20140503053

 

 さっきの道じゃなくてR148を選んで正解だったな…と自画自賛しつつ、しばしこの眺めに見とれておりましたデス...... (´ー`)y-~~

 

 どこからでも白馬を眺められる、ここ白馬村。そりゃ上村愛子さんだけじゃなく、次から次へと有望なスキー選手が生まれてくるわけだわ…と妙なところに感心しつつ、先を進むことに。

 

 R148にあった、「野平集落コッチ→」的なちっこーい看板を見逃さなかったボクはその看板にしたがってゆっくりと進む。「ほんまにこの道で合うてんかいな」と思った頃にまた「野平→」みたいな看板が出現するという絶妙なタイミングの道。川を渡ったら途端にヘアピンが連続しつつ一気に標高を上げていき、いやがうえにも期待が高まります!

 

 松川橋から10分ほど。何かのグラウンドと畑が見えてきたら、さっきのおっちゃんが言うてはったとおり、すんげーカメラを抱えた観光客がいて、みんなボクの背後の方を見ている。四郎号と止めて後ろを振り返ると、

 

20140503065

 

マジデカ!!!( Д) ゚ ゜

 

20140503063

 

来てよかった……(ノД`。)ホロリ

 

 すると写真家のグループが話してるのが聞こえてきた……。

 

A 「アオニもいいけど、やっぱりこっちもいいよね」

B 「アオニはアオニのよさがあるけどね。あの集落の雰囲気とか」

C 「わかるわかる~」

 

 アオニ? それはどうやら地名のようだが…。ツーリングマップルを広げてみても、それらしい地名はない……ん? 野平のすぐ北にある集落が「青鬼」と書かれているが、ここが「アオニ」なのか? 確かにそう読む可能性はある。

 

 話しかけて確認しようと思ったんだけど、その数名のグループの方々の雰囲気がボクとはそぐわない感じだったので(笑)、ここは一発野生の勘で「青鬼」に行ってみようじゃないか。そういえば途中の看板で、

 

「←青鬼 野平→」

 

 みたいなのがあったぞ。

 

 そんなこんなの野平でしたが、結局ボーっと1時間近く眺めてました(笑)

 

 青鬼への分岐までの道のりは、白馬三昧。

 

20140503067

電線がなければ…(笑) 

 

20140503068

アルプスに育まれた水

 

20140503069

街灯がなければ…(笑)

 

 さっき来た道を戻るように進むとやっぱりあった「←青鬼 野平→」の看板のとおり、青鬼に進む。小さい看板がいくつかあるので注意深く進めば迷うことはないのだろうが、それでも「こっちでええのか?」みたいな道は小さいダムを越えてからはぐんぐん上っていって、いくつめかのカーブを曲がると突然現れる青鬼の集落(笑) そして、

 

20140503072

 

 案内の看板には小さく「Aoni」のローマ字。合っててよかった(笑)

 

 ただしここでは車もバイクも駐車場(車500円、バイク100円)に置いて、歩いて散策することに。

 

20140503074

20140503075

20140503076

 

 棚田と書かれている方向に進んでいって後ろを振り向くと、

 

20140503077

 

ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ

 

 ここではさすがに現役の集落なのであんまりのんびりしすぎても悪い。少しだけ白馬を満喫してから駐車場に戻ることに。

 

20140503080

 

20140503081

20140503082

 

 ここ青鬼(アオニ)からR148へ戻る道も、白馬満喫ルートデス!

 

20140503083

ここも電線が…(笑)

 

 駐車場に戻ったら10時過ぎ。すでに暑い… (;´Д`A `` 冬ジャケは脱いでいるのだが、「止まれば暑い、走れば涼しい」という状態。

 

 さて…次は……。

 

 とツーリングマップルを確認し、実は大出の吊橋の次に行こうと思っていた猿倉荘を目指そう。白馬岳をまさに「眼前」にするノダ━o(`・д・´)ノ━!!

 

 再びR148に乗って進むと、

 

20140503086

 

 「八方尾根コッチ→」の看板があるので素直に右折し、あとは道なり。白馬岳に向かっているのだから当たり前なのだが、この道も「白馬絶景ロード」! おまけにほとんど車がいないところも。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚イィ!

 

20140503087

 

20140503089

 

20140503090

 

20140503091

 

 どんどん進んでいくと、これまた当たり前だが山が近づいてくる~ぅ!(´∀`)

 

 途中で右に折れると、

 

20140503093

 

 ますます車が減っていき、(笑)

 

20140503097

 

 道も少しずつ1車線分しかなくなってきて、「ちょっと寒くなってきたな…」と思っていると、

 

20140503100

 

 突然、橋が現れて、またまたゼーッケーイキタ━━━━ヽ(´д`*)ノ━━━━!!!!

 

20140503104

 

 テンション上がりまくってます! 冷気とも呼べそうな寒い空気をもろともせずに行くぞ!

 

20140503106

 

 と、細い道をぐいぐい進んで標高を上げていくと、そのうち道の左右に白いものが…

 

20140503108

 

 そうです。

 

20140503107

 

 雪です。もうここでお手上げし、そそくさと冬ジャケをば再装着(笑) そして雪解け水がちょろちょろと流れる道を進んでいくと、現れました猿倉荘~(゚Д゚)ノ 猿倉荘の背後には、今日のボクにとっての主役、「白馬岳」が厳然と聳えてらしゃいまする!

 

 日は照ってますがご覧のとおり正面を見ても、

 

20140503109

 

 右を見ても、

 

20140503110

 

 左を見ても、

 

20140503111

 

 雪だらけ! そりゃ寒いハズだわ!

 

 猿倉荘の裏手からは何組かの山装備の方々がおりてくる。ボクもそのうち見てるだけじゃ我慢できなくなって、登っちゃうんだろうなぁ…。

 

 とりあえず下界までおりようと元来た道を下っていきます。途中小さな川と並行するところがあったのでちょっと休憩。

 

20140503113

 

20140503115

 

 この水も白馬からの雪解け水なんだろう。ほんとに清冽としか形容しようがない。

 

 そして11時半になる頃に下界におりてまたまたR148を南下。

 

20140503117

 

20140503118

 

 昨夜、温泉との往復でも曲がったローソンをまた曲がり、県道33号線へ。

 

20140503121

 

20140503122

 

 国道だろうが県道だろうが、とにかく白馬がずーっと見えてる白馬村。

 

 結局この写真ρ(´∀`) を撮ってからすぐに小川村に入ったので、これが白馬で最後の写真になりました。

 

20140503123

 

 また来るよ~( ^∀^)ノシ( ^∀^)ノシ( ^∀^)ノシ

 (つづく)

 

------------------------------------

01) 初日その1・プロローグ~アルプス展望道路

02) 初日その2・アルプス展望広場~白馬

03) 初日その3・富より健康!白馬グリーンスポーツの森キャンプ場

04) 2日目その1・キャンプ場の朝~いざ白馬へ!

05) 2日目その2・白馬三昧!~さらば白馬村

06) 2日目その3・北アルプスパノラマライン~高遠城址

07) 2日目その4・リベンジだ!! 御座松キャンプ場

08) 3日目その1・キャンプ場の朝~何度も行きたい陣馬形山

09) 3日目その2・屈辱の大島城址

10) 3日目その3・まつかわ温泉~これが本当の「オチ」

 

indexへ