神食ダブル&百名道トリプル接待ツー 1) 接待への道~日生のカキオコ

 仕事の超繁忙期をどうにか乗り越えたある日。残務処理で仕事場に行ってみると先輩が。

 

 実はこの先輩とは数年前に飛騨高山~白川郷に行ったり、渋温泉やらナンヤラに行ったりとしたのだが、それっきり。その後は何度か誘われてはいたのだが、ボクの方の諸事情により断り続けていたのである。先輩は先輩で何度誘っても乗ってこないボクに諦めがついたのかしばらくナリを潜めていたのだが、それがまた最近、ナニきっかけなのかはさっぱりわからないがお誘いが多くなってきていた。まぁ確かに会社で大型バイクに乗っている人間が他にいないので、気持ちはわからなくもない。

 

先輩 「おぅ。bar」

ボク 「はいな」

先輩 「今年もようやくスーパー繁忙期を乗り越えたな」

ボク 「ほんまですな。今年もなんとか乗り越えられました。お疲れ様でした」

先輩 「ほな、行こか!!」

ボク 「は!?」  マタカイナ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

 

 しかし考えればここ数年、あまりに先輩を放置しすぎていたかもしれない。あまり放置しすぎると機嫌が悪くなり、仕事にも支障をきたす恐れもある。ここは一発、行ってやるとするか!←ナニ様

 

ボク 「そっすね…。わかりました。行きましょう」

先輩 「いいのか!?」 ワーイ(*´∀`)ノ

ボク 「愛する奥様に申請してみます」

先輩 「よし。んじゃ8時に西宮名塩(パーキング)でな!」

ボク 「いや、だからまだ認可が……」

 

 なぜ集合場所が名塩PAなのかはさっぱりわからなかったのだが、とりあえずそーゆーことになったのでアル。

 

------------------------------------------------------

 

 当日6時起床。この時期の泉州地方の日の出は7時ごろ。もちろん暗い。もちろん寒い。というか、もちろん眠い……。起きた瞬間萎えそうな寒さと暗さと眠気と戦いながら支度。とはいえ、日帰りだからたいした荷物じゃないんだけど。

 

20140129014

最近は暖機しないと機嫌が悪いのです

 

 7時前に家を出てすぐさま高速に乗り、名塩PAに着いたらもう先輩は到着してコーヒーなんぞをシャレこんでる。時計を見ると7:58。ジャストー!

 

20140129015

 

 かわす言葉はもちろん、「サブすぎますわ……」

 

20140129017

 

bar 「ところで今日はどこに行きますのん?」

先輩 「日生(ひなせ)に行って……」

bar 「カキオコ!?」

先輩 「よぅ知ってるやん」

bar 「そりゃもう有名でしょ。B級グルメグランプリか何かで優勝したんですよね」

先輩 「おぅ。そうそう」

bar 「いいですね~。オレも一回食いたいと思ってたんですよね~」

先輩 「お。さすがbar。ノリがいいな!」

bar 「それはいいとして、その後はどないしますのん」

先輩 「よくぞ聞いた。その後は四国に渡って…」

bar 「まさか、うどん?」

先輩 「ふっ…甘いな」

bar 「は? 先輩もボクもコーヒーはブラック党のハズでは…」

先輩 「コーヒーの話じゃねーよ」

bar 「は? 岡山から四国に渡って食うモノといえば、さぬきうどんでは…」

先輩 「甘いというのはソコや」

bar 「先輩、コーヒーに砂糖入れたんスか?」

先輩 「コーヒーの話じゃねーよ。今日は徳島ラーメンといこう」

bar 「そういや徳島ラーメンとか食ったことないな…」

先輩 「せやろ!! よし、今日は昼メシにカキオコ、晩メシに徳島ラーメン食おう!!」

bar 「とすると、帰りはフェリーで和歌山コースですな」

先輩 「おぅ!!!」 わぁ━━ヽ(´∀`)ノ━━ぃ!!

 

 やたらテンションの高い先輩である。

 

bar 「ところで、カキオコも徳島ラーメンも店じたいはぎょーさんあるでしょう」

先輩 「そうなんや!! さすがはbarやな!!」

bar 「いや、そのくらいは見当がつきます……。で、どこに店に?」

先輩 「これから調べるんや!!」

bar 「……。」

 

 仕事でも普段からきっちり計画を立ててダンドリどおりに進める先輩。初めてツーリングに行ったときも、「オレはあらかじめちゃんと計画を立てるのが好きなんや」と豪語していた先輩。それが今じゃすっかりボクと同じいきあたりばったり人間になってる?

 

bar 「まぁ観光協会とかで、『一番うまいところはどこ?』て聞けばいいですよね」

先輩 「そこまでは不安やから今から調べとこ」

 

 やはりソコまでではないようだ(笑)

 

先輩 「(PAの)中にパソコンがあって自由に使えるみたいやから、そこで調べるか」

 

20140129018

 

 「ふむふむ…」とかなんとか言いながら調べてましたが、やがて何やらメモを取っている。覗いてみると、電話番号をメモ中。

 

先輩 「これをナビに打ち込んだら場所が一発で検索できるんや」

 

 そう。先輩のバイクにはナビが装着されていたのである。

 

20140129016

 

 「っつかボクのスマホで調べればよかったのでは…」とは思ったものの、嬉々としてメモって嬉々としてナビに打ち込んでる先輩を見てると、言えませんでした(笑)

 

 しばしすったもんだしながら出発。ところが中国道から山陽道に入って日が照ってきているにもかかわらず、ぜ~んぜんあったかくない…。先を走る先輩はビュンビュンとばすし、時速が!ををキロを超えるとそりゃぁもう「アムロ逝きまーす」の世界である。

 

 そんなこんなでやっと先輩が止まってくれたのが竜野西SA。

 

20140129019

 

bar 「せ、先輩…。一つお願いがあるんですが…」

先輩 「どうした」

bar 「お願いなんで、!ををキロ以上出さないようにしてもらえませんか?」

先輩 「なんでや」

bar 「寒すぎて逝けそうです…」

 

 でも止まってしばらくしてみると、なんだかぽかぽかしてくる。試しに気温を見てみたら、

 

Screenshot_2014-01-29-09-33-14

 

 もうこんなにあるんかよ! 走ってる体感温度は…… (´Д`lll) でもそこからはさすがは後輩思いの先輩(よいしょっと!)、決して!ををキロを出すことなく、赤穂ICで山陽道を下りてからはR250を西走。日生に着いたのは竜野西SAを出てからおよそ30分後の10時でございました。

 

20140129025

 

 ツーリングであっても、やはり「駅」は重要。なんてったって、たいていの観光協会は駅のすぐ近くにあることが多いからであーる。

 

20140129026

えらくご立派な観光案内所

 

20140129024

駅前にある観光案内の看板

 

20140129020

観光案内所の入り口

 

 国道沿いの入り口を入り、座っていたおばちゃんに聞いてみた。

 

bar 「おっきいカキオコ出してくれるのはどこ?」

先輩 「たーっくさんカキが入ってるところがいい!」

 

 するとおばちゃん、手にして見せてくれていた「かきおこマップ」の中から迷わず一点を指差し、

 

おば 「それなら、ぜったいにココ!!!」

 

 お店の名前は、「きまぐれ」。「かきおこマップ」によれば、何やらわかりにくそうな場所。

 

bar 「これ……場所、わかる?」

おば 「行けば駐車場の看板が出てるからわかるよ~」

 

 よーし、それなら行ってやろうじゃないの!

 

20140129023

 お━o(`・д・´)ノ━!!!!!

 

 さて、そのお店の「きまぐれ」なのだが、観光案内所からR250を西に進んで3つ目の信号の先に「きまぐれ コッチ!!→」の黄色い看板が見えたので右折。路地みたいなほそ~い道を進むと、確かに観光案内所のおばちゃんが言っていたとおり、駐車場が右に左に数か所ずつ。

 

20140129027 20140129028

 

 ボクたちもその一角にバイクを止めたはいいものの、まるっきり「田舎によくある集落」にしか見えないそのあたりに、店らしき姿は見えず。

 

20140129029

 

一か所だけ、この路地かなぁ…というアヤシいところはあったのだが……。

 

20140129030

 

 すると路地の奥から出てきたおじいとおばあ組が、「きまぐれさんならこの奥にあるでー」と教えてくれたので、そのまま進んでみると、

 

20140129031

 

 ありました。っつか、わかんねーよ。

 

 暖簾をくぐって、いざ行かむ!!! と思って見たら、もう数組のお客さんが入ってて、何枚ものカキオコが焼かれてました。

 

20140129032 20140129034

 

 初めて見るカキオコ。生地じたいは薄く、どっちかっていうと広島焼きに近いんかな…。でも、ひっくり返したらもれなく溢れてこぼれる牡蠣が、わんさか入っていることを雄弁に物語っている!!

 

 じゅーじゅーいってる他人様のカキオコをよだれを垂らしながら見つめ、合計10枚近く焼いた後に、やっとボクたちのカキオコが!

 

 観光案内所のおばちゃんが言うてたとおり、ここ「きまぐれ」は小ぶりながら15個は牡蠣が入るみたいです!ω(゚ω゚)ωカパー

 

20140129035

ひっくり返される前。牡蠣がぷりぷりなのがわかる

 

 そしてひっくり返してしばらく待って、またひっくり返して卵を割って乗せて、そしてまたひっくり返して……とけっこうな時間を待ちましたが、ソースをぬってネギたんまり、紅ショウガも乗せて、

 

20140129037

キタ━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━ッ!!

 

 生地が薄いかなと思ったら、お好み焼きほどではないにしてもけっこうなふんわり感! 小ヘラで切って食えば一つは牡蠣が入っている、というぐあいで、まさに「カキオコ=牡蠣お好み焼き」の名に恥ずかしくない逸品!!

 

 まずはソースだけでほくほくもぐもぐ……。半分くらいになったら今度はマヨネーズと一味(!)をかけてほくほくもぐもぐ……。

 

(・´ω`・)

 

 そんな具合に時間をかけてゆっくり食ってたら、食ってるそばから次から次へとお客さんが。こりゃ食い終わってのんびりくつろいでる場合じゃねーな…とばかりにボクたちはお店を出ました。

 

 しかし、まさに堪能……というにふさわしい満足感…… (´∀`)

 

20140129039

店の前で一服する先輩(小林旭風)

 

 バイクに戻ってぐだぐだしてると、ボクたちと一緒のタイミングで食ってたお客さんが声をかけてきた。若夫婦といった二人と老夫婦二人の四人組。

 

おばあ 「ここ、おいしかったでしょ~」

bar 「はいー」

先輩 「とてもおいしかったです」

おばあ 「ここのカキオコが一番よ。日生だったら絶対にここにしか来ないの」

bar 「へぇ」

おじい 「おぉ。大阪からわざわざ来られましたか」

先輩 「はい」

おじい 「息子夫婦は東京からです。私たちは岡山やけど」

 

 どんなお店でもそうだが、ここ「きまぐれ」はわかりにくいところにあっても、こういう常連さんにも支えられてるんやなぁ。

 

先輩 「さ。次は百名道・その1『岡山ブルーライン』やな!」

 

(つづく)

-------------------------------------------------

1) 接待への道~日生のカキオコ

2) 岡山ブルーライン&鷲羽山スカイライン

3) いざ四国!! 鳴門スカイライン

4) おなじみ県道11号線~徳島ラーメン