危機一髪!! 穂高~御嶽ツーリング 3日目その2 / 恵那山周遊断念→妻籠散策

 せめてあと3時間は寝ようと8時にセットしたケータイがピロピロと鳴って起床。眠いことは眠いが、起きれないほどではない。

 

 目をこすりながら窓を開けてみると、今日も快晴!!!

 

 すぐさま部屋を出ると、廊下や階段にはすっかり出かける用意をした外人さんたちがわんさか。こいつら眠くないんか?! なんだか取り残されたような気すら起こる(笑)

 

 まずは表へ出て、昨夜の現場をば確認。

 

20121010alps_026

 

 まだ数名の消防士さんたちが水をジャバジャバかけてる。一晩中がんばってくれたんだな。おかげで眠れたよ……と心の中でお礼を言ってから、なにはともあれ坂の上の駐車場に置きっぱなしの四郎号のもとへ。

 

20121010alps_023

 

 なんとか盗まれずにご健在でひと安心。四郎号に乗って宿の裏手にある駐車場へ置き直してから、裏口から宿に入るとご主人と遭遇。

 

bar 「今日って、馬籠の他のお店は営業しはるんですかね?」
ご主人 「今日はさすがに無理だと思います。すみません……」

 

 ホントは5時に起きてそそくさと出発し、恵那山をぐるりと見ちゃおうコースを予定してたけど、今日は予定を変更するしかなさそうだな……。こうなったら馬籠でものんびりと散策でもするか! と思っていたのだが、さすがに昨日の今日なので無理か(そりゃそうだ)。

 

 ご主人もおっしゃっていたが、実は馬籠は山の峰にあたるので水利が悪く、昔から火事には弱かったそうだ。

 

ご主人 「100年くらい前にも大火があったんですよ」

 

 約100年前の大正4(1915)年に大火があって、その際には70数戸の馬籠の家のほとんどが燃えてしまったそうだ。

 

ご主人 「今回はホントに運がよかったです…」

 

 マジでか…(´Д`lll)

 

 まとめた荷物を玄関に置かせてもらい、せっかくなので少しだけ馬籠を散策。

 

20121010alps_018

 

 ↑右に見えるのは五平餅が食べられる近江屋さん。その斜め前は馬籠宿の脇本陣資料館。

 

 馬籠といえば、やっぱり島崎藤村だ。もともと島崎藤村の実家・島崎家は馬籠の本陣や庄屋を代々つとめた名家。代表作『夜明け前』は父を主人公のモデルにしたとも言われ、ここ馬籠が舞台になっていることでも有名。川端康成の『雪国』が「国境の長いトンネルを抜けると~」の出だしで有名なのと同じく、「木曽路はすべて山の中である」という出だしで有名な『夜明け前』は、幕末・維新期の激動の時代を描いている、藤村の晩年の大作といってもいいと思う。康成ほど叙情的ではないので好き嫌いははっきり分かれるかも。

 

20121010alps_020

控えめにガーデニング。ここはお店ではなく普通の民家のようだった。センスよすぎ

 

 ちょっと歩いて雰囲気だけを味わったら宿に戻って精算。ご主人は、「夜に迷惑をかけたから半額でいい」と言ってくれたのだが、「それとこれとは違う話」と丁重にお断り。ボクとしてはわけのわからない飛び込みのおっさんを泊めてくれただけでもありがたいノダ。

 

20121010alps_025

これが四郎号を置いてた宿の裏手の駐車場。

火事の最中は消防車が止まって消火器具を広げていた

 

 四郎号に荷物をくくりつけていると、頭上からボクを呼ぶ声が。

 

「お兄さーん!!!」

 

 見上げると、2階の窓から顔を覗かせていたのは、例のオーストラリア人の相方である日本人のおばちゃん。

 

bar 「あぁ。おはようございますー」
おばちゃん 「おはよう。眠いねぇ(笑)」
bar 「眠いっすね(笑)」
おばちゃん 「今日はどうすんの?」
bar 「ホントは遠乗りしようと思ってたんですけどしんどいんで、今から妻籠でも行こうかなと」
おばちゃん 「どっから来たの~? 京都? 大阪?」
bar 「大阪です~。今日はどちらに?」
おばちゃん 「わたしらも妻籠に行こうかなと思って。また向こうで会うかもね~」

 

 朝っぱらからあの不良オーストラリア人に振り回されるのも考えたら多少憂鬱に……会わないことを祈るばかりである(笑)

 

 とかしているうちにオーストラリア人おっさんとおばちゃんも精算を済ませたか、荷物を抱えて宿の裏手から出てきた。

 

「ヘーイ!!! ボーイ!!! おっはよーさーん!!!」

Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)アヒャヒャヒャヒャ!!

 

 やっぱりテンション高っ!!! Σ(゚ロ゚;)

 

「聞いたぜベイベー!! ユーもツマゴに行くんだってな! ユーがバイクじゃなかったら一緒に車で行こうって誘うところだけど、ユーはイカしたライダーだからな!!! くれぐれも事故っちゃつまらんぜ、ドンチュノゥ?!」

 

 車に荷物を積み込んでいた二人は、先に出発したボクに手を振ってくれた

( ^∀^)ノシ( ^∀^)ノシ

 

 もちろんボクもクールに左手で ( ^∀^)ノシ

 

20121010alps_024

キレイに見える恵那山。中央アルプスの最南端に位置する。

中央アルプスはまた次のチャンスに!

 

 実は昔、妻籠は何度か行ったことあるんだけど、馬籠はチラッと覗いたことがあるだけだったんだよね。今回の馬籠はちょっとハプニング続きだったけど、また来るときはゆっくりと散策したいなぁ。

 

20121010alps_022

 

 出発したのが9時。もうすっかり「朝」は終わっちまった……┐( ´-`)┌  ま、しゃーないか。今日はのんびりと過ごそうっと (´∀`)

 

 馬籠からは県道7号線(旧中山道)を再び馬籠峠へ。

 

20121010alps_027

この時間でも車はほとんどいな~い (´∀`)

 

 すぐに馬籠峠に着いちゃいます。

 

20121010alps_028

 

 標高は801m。雰囲気としてはけっこういい感じ。保存状態がいい方じゃないかな。

 

 しかし……眠い……(+_+) 合計したら5時間近くは寝たハズなんだけどな……。そうこうしながら馬籠から15分も走れば妻籠。

 

 妻籠の保存地区も10時までは車やバイクでも入れる(10~16時は進入禁止)のだが、はじめっから駐車場に四郎号を入れてのんびり散策でもしようという魂胆だ。さすが大観光地だけあって、駐車場はいくつも用意されているのだが、一番近い第一駐車場は観光バス専用になってて、一般車とバイクは第二駐車場へ。バイクなら駐車代は200円。駐車場のおっちゃんが宿場保存地区への行き方を丁寧に教えてくれる。

 

20121010alps_030 20121010alps_031

 

 妻籠宿は馬籠宿と並び、中山道の宿場町として栄えたものの、明治以降は交通事情の変化にともなって衰退。

 

 その後、馬籠宿と同様、高度経済成長期に「昔の町並みが残っている」と注目を浴びるようになり徐々に観光客が増加し、1968年からは本格的に町並みの保存運動が展開された結果、1976年、国の重要伝統的建造物群保存地区の最初の選定地の一つとなることができたのだそうだ。

 

 1971年に制定された住民憲章には、「すべてにおいて保存を優先させるために、妻籠宿と旧中山道沿いの観光資源である建物、屋敷、農耕地、山林を、『売らない』、『貸さない』、『壊さない』の三原則を守ること」とあり、今も守られているのである。

 

20121010alps_033 20121010alps_035 20121010alps_03620121010alps_038 20121010alps_042 20121010alps_04420121010alps_045 20121010alps_046 20121010alps_04720121010alps_048 20121010alps_049 20121010alps_052

20121010alps_053 20121010alps_055

 

 着いたのは9時半頃だったのだが、やっぱりこういうところというのは早くから観光客がいるものだ。いかにも団体さんとおぼしきおじいおばあ軍団も大声で談笑しながら見てまわっていた。すでに暑いのでもちろん冬ジャケを脱いでTシャツ1枚のボクも、小1時間ほどのんびりと歩いたところで、「五平餅」ののれんを発見!! (`・ω・´)

 

 そりゃ食うよ~ (´∀`)マイウー

 

20121010alps_057 20121010alps_058

 

 今日はもう帰りの高速に乗るまではずっとここでのんびりしようと腹をくくって2往復はしました(笑)

 

20121010alps_061

中心部から少し離れた辺り。老夫婦が仲良く歩いてた。

あんなふうになりたい

 

20121010alps_069

昼近くになるとやっぱり増える観光客の群れ

 

20121010alps_071

カップ付きコーヒー。器によって値段が違う。

ボクが飲んだのは800円。おもしろいアイディアだ

 

20121010alps_072

大亀石。「往時の雰囲気を満喫できる古民家の民宿」と

ツーリングマップルにある

 

20121010alps_073

高札場。宿場の入り口にあたるところに掲げられた

 

20121010alps_074

大亀石の前にある水車小屋

 

 時計を見ると11時半。の~んびりと何往復もしたけど、あの不良オーストラリア人と会わずに済んだのが一番嬉しい。こんなところであったら何に付き合わされるかわかったもんじゃない(笑)

 

 妻籠から一番近い中央道の中津川ICまではすぐだ。

 

20121010alps_084

R19では、ほら。やっぱりトラックの後ろ

 

 中津川までのR19はバイパス状になっていて、味も素っ気もない道。しかし、アルプスへひかれる後ろ髪を断ち切るにはちょうどよいのかもしれない。

 

 またアルプスに来るぞー!!!

キラーン(((・+ω(・`+ω(・`+ω(・`+ω´・)+ω´・)+ω´・)+ω´・)))キラーン

 

(番外編へつづく)

 

 

--------------------------------------------------------

01) 初日その1 / 北アルプス大橋から笠ヶ岳
02) 初日その2 / 新穂高ロープウェイ
03) 初日その3 / 平湯キャンプ場
04) 2日目その1 / 野趣溢れすぎ上高地乗鞍スーパー林道(白樺峠)
05) 2日目その2 / あぁ野麦街道~R361(長峰峠・九蔵峠・地蔵峠)
06) 2日目その3 / 御嶽ブルーライン~霊峰ライン~倉越パノラマライン
07) 2日目その4 / 衝撃の五平餅~妻籠・馬籠へ
08) 3日目その1 / 九死に一生を得る!
09) 3日目その2 / 恵那山周遊断念→妻籠散策
10) 3日目その3 / 九死に二生を得る!