崖っぷち! 越前ツーリング 03) 東尋坊~三国湊

 広域農道で坂井市(あわら市?)ののどかな田園風景を満喫しながら走ると、県道106号線の交差点でまた「東尋坊」の案内板が出るので右折。そこらへんになるとすっかり小さな町の中って感じになり、知らん間にR305になったと思ったら住宅街。そこを抜けると日本海が見えてきます。県道7号線を看板通りに進むと、「歓迎東尋坊」というやたらでかい横断幕。ここのところの記憶アリ。そう。東尋坊タワーへの誘導。

 

20120922etizen_049

 

 確か500円だか600円だか取られるんですよね。駐車場に入るだけで。もちろんタワーはまた別料金。ちなみに昔はちょっと手前でバイクはみんな路駐してましたし、ボクの友だちにも「高いと駐車場のおじいとケンカした」というやつもいたりする。こういうご時世だし、ボクはもう昔ほど若くもないし、おとなしく500円を払って駐禁に怯えることなく(ここまで来ないだろうケド)ゆっくりと散策したいなと。と思ったら、入り口で待ち構えてたおじいが、

 

おじい 「200円でええよ」

 

 おじいも昔よりまるくなったようだ (´∀`)

 

20120922etizen_051

 さて、そこからは帰りにメシか土産でも買うために、参道?を冷やかしながら練り歩いてみる。イカ焼き、ホタテ焼き、牛串焼き、甘えび焼きの甘く香ばしい匂いが充満している中を歩くのはツラい!!! それだけじゃない! イクラ丼! 甘えび丼! イカ丼! うに丼!

 

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

 

 中には「学割」なんて値段設定をしてる店まであって、そういや東尋坊は修学旅行のコースになることも多いんよね。その商店街? を抜けると、海が見えてきます。

 

20120922etizen_052

 

20120922etizen_053

 

 もう少し先に進むと、まさに「東尋坊」が一望! 水平線が丸い!

 

20120922etizen_054

 

20120922etizen_055

ご丁寧に「海から見た東尋坊」なんて模型もアリ

 

 「東尋坊」という名前は確か、暴れん坊のお坊さんから付けられたと聞いたことがあるんだが、天気はいいし、風もあるし眺めもいいし。こりゃええわ~ (´∀`)

 

20120922etizen_058

 

 さて、帰りのお店たちの激しい誘惑に勝てるだろうか?! 冷やかしながら名物カニを見てみると、5800円! 6800円! 7900円! 10000円! 社畜&お小遣い制のボクにはとても買えませんので、せめてこれくらいで勘弁してもらいます。

 

20120922etizen_061

ホタテ焼き400円也♪ 激( ゚Д゚) マイウー

 

20120922etizen_067

 

 まだ昼過ぎではあったが、ここから敦賀までは高速を使わずにずーっと海沿いを南下するため出発。まずは元来た県道7号線でチラッと海沿いを走ったら、ほどなく三国湊。

 

20120922etizen_070

 

 三国湊とは、江戸時代に北前船の拠点として繁栄した港で、今でも甘えびや越前ガニの魚市場があることでも有名ですな。中世末期には「三津七湊(さんしんしちそう)」として書物に残るほどの規模を誇ったそうです。「三津七湊」とは「日本の十大港湾都市」のことで、3つの津(安濃津、博多津、堺津)と7つの湊(直江津、輪島湊など)として記録されてるっていうんだから、それはそれは栄えたんだろうなぁ。今でも県道7号線沿いの港にはたくさんの船が停泊していて、往時の面影はあるかな。今はまだカニの季節じゃないから最盛期というにはいかないかも。

 

20120922etizen_069

えちぜん鉄道の三国湊駅に一両だけの電車が停車中

 

 三国駅前にも何かないかと曲がってみたけど特に何もなさそうだったのでそのまま直進してR305を入って九頭竜川を越えます。

 

20120922etizen_072

九頭竜川にかかる鉄橋を渡る

 

20120922etizen_073

 三国の町並。ま~たね~ ( ^∀^)ノシ

 

 あとは海沿いを見ながら走るぞ~

 

 

--------------------------------------------------------

1) お父さんの地元  2) 丸岡城~広域農道

3) 東尋坊~三国湊  4) R305~越前岬~しおかぜライン