淡路國攻略戦~天下ヲ狙エ!!!~ 3) 命ノ尊サヲ確認セヨ!《復刻版》

 さて、淡路國一の美味なる炭焼きアナゴにすっかり骨抜きにされた僕たち大阪連合軍は、若干の敗北感を味わいながらも、「食ったら風呂」の法則にのっとって、これまた淡路國一の絶景を誇る露天風呂を抱える「松帆の湯」に向かうべく、県道31号線を北上することにしたのだが、その前に最高司令官である僕の要望により、旧北淡町(現淡路市)にある、震災記念公園に立ち寄ることにした。


 あれは忘れもしない11年前の1月17日午前5時46分。

 

 低く、くぐもった地鳴りのような音で目が覚めた。 その音は何百キロも遥か彼方から何か得体の知れない、見たことも聞いたこともないような大きなケモノが、こちらに向けてものすごい勢いで襲いにきているように感じた。近くを走る、渋滞することで有名な国道には、ときたま暴走する車やバイクがいるが、そういう音でもない。

 

 当時アパートの10階に一人暮らしをしていたのだが、あまりにも妙な聞いたことのない轟音にふと不安を感じ、寒いのを我慢して寝床から抜け出して窓から町の様子を見下ろした。日の昇るのが遅い時期でもあり、あたりはまだ暗い。別段変わった様子もない。

 

 と思った瞬間、どーんという爆弾でも落ちたのではないかというような音とともに、視界は急速に揺れた。立っていられなくなり、思わず部屋にしゃがみこんだ。しゃがみこんだのはいいが、立って歩けない。

 

 僕は大阪に来る前は東京に住んでいた。今はどうかはしらないが、東京は本当に地震が多かった。震度やマグニチュードがどの程度だったのかは記憶にないが、窓ガラスががらがらと音を立てるほどの地震である。しかも時間にして5~10秒ほど。だから、地震には「慣れている」はずだった。

ところが「慣れている」はずの僕がしゃがみこんだまま動けない。そのうち止むだろうと思ったが、一向に止む気配がない。

 

 揺れ始めてどのくらいの時間が経っただろうか。その時初めて、「これはヤバいかもしれない」とかすかな恐怖を感じた。まだ恐怖が「かすか」だったのは、死ぬということに実感が持てなかったからだ。今いるのは10階建ての、決して新しいとはいえない鉄筋のアパート。それが何棟も並んで建っている。趣味の悪い将棋倒しの様が、頭の中にまざまざと浮かぶ。

 

 関東大震災では死者10数万人のうち、ほとんどが失火による焼死だった。地震での初期避難では、まず失火をいかに食い止めるかが重要だ。意を決して立ち上がり、よたよたとぼくは台所に向かった。流しに手をかけて踏ん張り、ガスの元栓を締めたが、「アパートが倒れて死ねば同じじゃないか」という、今から考えれば自己中心的なことを思った。

 

 今度は隣の部屋に向かった。服を着るためである。とりあえず靴下とコートを着なければならない。外に逃げ出すとしても、他人よりもとびっきり寒さに弱い僕は、寒さで死ぬとまではいかなくても、精神的にやられてしまうかもしれない。

 

 隣の部屋に入って驚いた。わずかながら、タンスが動いていて、古かったからか、観音開きのドアがぐわんぐわんと開いたり閉まったりしている。生き物のようだ。まさか倒れてはこないだろうとタンスに近づいたところで、揺れが少しだけおさまったような気がした。すぐに中をまさぐって靴下と、当時愛用していたラム革のコートを身につけたが、まだ揺れていた。ただし先ほどよりはどこか弱々しい。

 

 そして揺れは静まった。

 

 僕は全身で耳を澄ました。いつもにもまして、静寂があたりを包んでいるようにすら感じた。寝ていた部屋に戻って、窓から町の様子を見てみた。揺れがおさまってしまえば、いつもと変わっていないような気さえする。ただ同じ広大な敷地の中に建っているアパートの部屋という部屋に電気がついていたのを今でもよく覚えている。

 

 なんだ。たいしたことなかったのか。

 

 ぼくはそうたかをくくり、そう思うと急激に眠気が僕を襲ってきた。すぐに靴下とコートをはいで布団にくるまった。布団はまだ温かかった。

 

 朝、僕は7時過ぎに目が覚めた。普段の仕事は昼からなので、野放図な僕が朝の7時に起きることはほとんどない。しかも目覚ましもかけずに起きることなど、後にも先にもこの時だけだ。どこかで不安だったのかもしれない。朝のニュースでやっているかも。夜の、考えてみれば数時間前の地震のことをニュースが取り上げないはずがない。そう思って、テレビをリモコンでオンにした。キュインという音とともに、画面はゆっくり映し出された。

 

 ヘリコプターからの映像だろう。これは、どこか内戦でも行われている国なのだと思った。一面の瓦礫。あちらこちらで上がる大きな炎と煙。凄惨というにはあまりに遠いところのできごとのように、僕の目には映った。次の瞬間、実況のアナウンスが言った言葉を今も昨日のことのように覚えている。

 

これが今の神戸です」

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 あの地震以来、僕が淡路島を訪れるのはこれが2回目なのだが、前回家族で来たときも、発電のための大きな風車を目印に、僕はこの震災記念公園にやって来た。そして、「天災」というにはあまりに凄まじい自然の威力に圧倒された。

 

 地面がわずか数十センチずれただけで、6500人もの方が亡くなった。これを無力といわずして何と言おう。

 

 人間にはいろんな種類がいる。優しい人、冷たい人。強い人、弱い人。器用な人、不器用な人。お金持ちの人、貧乏な人。でも、死ぬときに、そういう区別は一切なされない。ただ、訪れるだけだ。優しいとか冷たいとか、強いとか弱いとか、器用とか不器用とか、お金持ちとか貧乏とか、人間には本当は必要ないのかもしれない。でも本当にそうなのか。そう言い切れるほど、僕は強くもないしおっさんでもない。(注:もうおっさんですw)

 

 神戸にある大学に通っていたTちゃんは、ちょうど一回生のときに、あの大震災に遭遇したらしい。

 

Tちゃん 「僕もあの地震の直後、大学のみんなで救援のボランティアをしましたからねぇ」

 

 あの当時大震災に遭遇し、見事に生き残った人たちは、今どこで何をしているのだろうか。僕とTちゃんは、当時とは職場は違ったが、それでもこうやって元気に生きて、ツーリングを楽しませてもらっている。

 

P6130051

震源である野島断層が140mに渡って保存されている

 

P6130052

断層がはっきりと見えます

 

P6130053

オレンジ印の畦が元は一本だった。赤白の矢印が、断層がどう動いたのかを示してくれている

 

P6130056

地面2mほど掘り下げて断層を見せてくれている。わずか50cm動いただけで6500人が亡くなった

 

P6130058

断層の真上に建っていた民家を兵庫県が買い上げて開放。震災当時の様子を生々しく伝えている。Tちゃん曰く、「こんなのはまだマシじゃありませんかねぇ。当時はもっとすごい家を何軒も見ましたから」

 

P6130059

壁には震災発生の時刻のまま止まった時計。僕が立っていられず、思わずしゃがみこんでしまった時刻

 

 平日だというのにたくさんの人が訪れていた震災記念公園だったが、震災体感センターには人影が全くなかった。ここは阪神・淡路大震災での地震を再現し、それを体感できるというもの。「待ち時間15分」という看板が出ていたのだが、中に入ってみると貸切状態。したがって、待ち時間はなし。

 

 ちいさな部屋を再現した部分があり、そこが要するに揺れるというものだ。そういえば僕がまだ小さい頃、「起震車」という大きな車が学校に来たことがあった。

 

P6130064

 

まずはTちゃんがチャレンジ。

 

P6130060

 

 床に固定されたソファに座って、係のお姉さんがスイッチオン! すると、ごーっという、あの朝聞いた地鳴りがスピーカーから聞こえて、とたんにTちゃんの乗った起震部分が、ぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐらぐら…。

 

Tちゃん 「なかなかの揺れです…」(*_*)

 

 なんとだらしない。では、お次は俺だ!

 

P6130062

 

で、椅子に腰掛けながら、お姉さんに聞いてみた。

 

bar 「あの音は?」
お姉さん 「阪神・淡路大震災の際に実際に録音された音です」
bar 「この揺れも?」
お姉さん 「そうです。阪神・淡路大震災の実際の揺れを再現しています。直後の余震を含めると時間にして40秒になります」

 

 そうか…。あの揺れは40秒も続いたのか…。ぼくはそう思いながら揺れた。実をいうと、僕は今後30年間に発生する確率80%とも言われている東南海地震に備えて、家族5人分の食料と生活必需品を家にひそかに用意している。阪神・淡路大震災の同じく発生する確率はわずか7%だったことを考えると、驚異的な確率になる。今回、この揺れを体感してみて思ったのは、「これが日常、突然に発生すれば、間違いなくパニックになる」ということだ。しかし、40秒は、とてつもなく長かった。

 

 あの朝の40秒。僕は一生忘れないはずだ。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 さて、ひと通り見学を終了させ、僕たちは売店コーナーに立ち寄ってみた。すると、

 

Tちゃん 「司令官殿!!!」
bar 「なんだね。何を慌てておる」
Tちゃん 「敵機を発見しました!」
bar 「何っ?! どこだ?!」
Tちゃん 「アソコです!!!」

 

 Tちゃんの指さした先にあった看板には、

 

P6130065

 

bar 「た、たこロッケ…。なんとベタなネーミング…」
Tちゃん 「いや、淡路軍は侮れません!」
bar 「うむ。確かに。では食らってやろう」
Tちゃん 「ラジャー!!!」( ̄^ ̄)ゞ

 

 ふと見ると、レジのすぐ脇には、「淡路島特産・びわソフト」なる手書きのインフォが。

 

bar 「すいませ~ん! びわソフトも~!」

 

P6130067

 

 淡路島は日本屈指のびわの産地。その本場であるびわのソフトクリームは、とにかく暑い日には絶品!* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ そしてお目当ての「たこロッケ」はというと……

 

P6130069

 

Tちゃん 「んがっ、はぁんがっ、はふふん、はへはへんっ

 

 何を言いたいのかさっぱり解読不能だが、そうとう熱いというのは臨場感たっぷりに伝わってきた(笑) お味は…普通のコロッケかなぁ。「たこ」は数切れ。(´o`)y-~~~

 

 僕たちは極度の熱さの中、シートの熱さにも負けず(僕はジャケットを脱いでTシャツになる)、すぐ近くにある絶景露天風呂を擁する「松帆の湯」に向かった。

 

P6130074

 

 「美湯(びゅ~)松帆の湯」は、震災記念公園からわずか5分足らず。さっきの「たこロッケ」といい、この「美湯」を「ビュ~」を読ませたり……意外と淡路島の方たちって、ベタなのね♪ 眺めはご覧いただいた通り* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ 結構いいよ~(^-^)b

 

P6130073

 

 時間帯からか、お客さんの数も少なくて、貸切とはいかなくても、ほぼそれに近い形で明石海峡大橋の眺めを堪能しました(^^ゞ

 

(つづく)