超極寒武者修行牡蠣とたわむる伊勢ツー~何を得たのか~:後編《復刻版》

 おかげ横丁にたどり着く手前でTちゃんに無理やり強制送還…じゃなかった、強制的に退去させられた僕は、仕方なくバイク乗り場へ。僕たちよりも先に止まっていたBMWはまだいらっしゃる。

 

Tちゃん 「BMWもいいなーっと思ってるですよねー」

 

 

 

 実はTちゃん、先日から大型二輪の免許を取るために教習所へ通っているのである。だからあっちゃこっちゃのバイクに興味津々。確かにバイクを選んでるうちが一番楽しいかもしれない(笑) 僕はどこのナンバーかな、とふと思って見ると……な、なんと……大宮! そう。埼玉県。(今、大宮市ってなくなった?)

 

 ちょーどライダーが帰ってきたので、少し話をしてみる。埼玉県の大宮からの一人旅でもう幾日。今日は伊勢神宮とおかげ横丁に来て、今から南に向かうと言う。年のころは僕と変わらない30代後半といった感じ。

 

bar 「ってことは潮岬あたりでまた一泊って感じですね」

ライダー 「そこまで行けるかな。まだまだ見たいところもあるし」

 

 ここから南を熊野灘沿いに南下すれば、那智勝浦や太地といった観光スポットもある。気をつけてくださいね! と声をかけ、そちらもね! と挨拶して、僕たちも安全走行を心がけて出発~!

 

 伊勢神宮から目指す的矢は、県道55号線を南下すればいいのだが、この県道55号線がまた絶品っ!!!!! お昼頃ということもあって天候も良好。寒いことは寒いのだが、それでも予想気温7~8度。県道55号線は小さな谷沿いを辿っているのだが、軽いアップダウンのおかげで日光も見えたり隠れたり。目の前で光が踊ってくれちゃったりしてるみたいで、もーウキウキウッキー!!!

 

 …なんて思いながらちんたら走ってると、いつの間にか道は小さな町にたどり着いた。ちらりと見えたのは駅。ん? ここらで走ってる電車っていったら、近鉄? どこだココ? と思いながらも進むと、住宅街。あちゃー。少しだけぐるぐる走ってみたのだが、さっぱりわからん。町の中に戻ってあった郵便局で聞いてみると、やさしいおっちゃん(といっても僕とたいしてかわらんトシの方だったが)がすぐに教えてくれた。ありがとー! 志摩磯部駅近くにある磯部郵便局のおっちゃん!!!

 

 そこからは正直に言うと、「海沿いに」ということしかわからず、ひたすら道にある「いかだ荘山上コッチ!!!」という看板だけを頼りに走りましたデス(笑) んで一番おっきな看板がある急坂(マジですごい坂)を一気に駆け上がると、そこが本日のメインデッシュの待ち構える、「いかだ荘山上」ナノダ!!!

 

P1310088

 

 店構えはとっても立派で清潔感が溢れている。こりゃすごい穴場だったりして(^m^)

 

 僕たちは駐車場にどーどーとバイクを止め(ただし2台で1台分にね)、そそくさと支度をして早速ご入館~。仲居さんたちもとっても気さくで親切!

 

 そしてテーブルにつくと早速4品~* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

 

P1310092
牡蠣バター焼き(左上)、牡蠣土手鍋(右上)、
牡蠣南蛮漬け(左下)、おろし牡蠣(右下)

 

 僕は今までのいきなりパクつくのもどーか…というほど圧倒されつつあったのだが、ふと正面に座ったTちゃんを見ると……

 

P1310091

 もう食ってるし!!!

 

bar 「……あーのね。Tちゃん。こーゆー料理っつーのは、もうちょっとこう見た目も楽しんでだねぇ…」
Tちゃん 「…は、はふっ?! ふえぇっ?」

 

 もはや会話の通じないTちゃんを放っておいて、僕も固形燃料に火をつけて料理をいただくことにする。まー牡蠣土手鍋も牡蠣南蛮漬けもおろし牡蠣もおいしかったのだが、最初の4品ではダントツにおいしかったのは、牡蠣バター焼き! しつこくないていどのバターの味付けが絶品!!!* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

 

P1310094

 

Tちゃん 「こりゃたまりません!!!」
bar 「はふっ!!!」(>Д<)ゝ

 

 そして次に仲居さんが持ってこられたのは……

 

P1310095

生牡蠣!!!! もうぷりぷり……

 

P1310098

焼き牡蠣!!!! もうほくほく……

 

 僕たちのボルテージも一気に絶頂へ!!!!!!!!!!

 

P1310100

牡蠣蕎麦!

 

P1310104

牡蠣ごはーん!!!

 

 んで、お食事の感想は……






























 生きててよかった…

 

 …とまぁ僕たちはあっという間に牡蠣づくし料理を平らげてしまったノダ。今から考えたら、もうちょっとゆっくり味わってもよかったかな…とも思うが、その時は、もう食べ始めたら止まらない!!! という感じであったノダ…。食事する座敷は禁煙ということだったので、ロビーにタバコを吸いにいったTちゃんが帰ってきて、

 

Tちゃん 「ロビーから絶景が見えますよ」

 

 というので僕も行ってみたが、確かに!!!!

 

P1310108

 

P1310109

絶景かな絶景かな~

 

 ここにたどり着く直前の急坂で納得もできるのだが、まさに的矢の高台に位置する「いかだ荘山上」。景色までもが絶品だったのでアル!!!! しばしタバコの煙をくゆらせながら、的矢湾の景色を眺望する…。

 

 座敷に戻ってみると、Tちゃん…

 

P1310111

寝てるし!!!

 

bar 「おい!! 起きろ!!!」

Tちゃん 「…は、はふっ?! ふえぇっ?

 

 食べてすぐ寝る…まるで乳幼児である。

 

 やがてとなりのテーブルを片付けに来られた仲居さんにお話をうかがうと、最近ずっとお風呂を修理工事していたのだが、露天風呂はまだムリであるものの、今日から内湯は入れる、とのことだった。恐る恐る入湯料を聞いてみると、

 

仲居さん 「そんなぁ。お食事いただいた方から、お風呂でお金はとれませんよ~ぉ」
二人 「やっほー!!!」

 

 というわけで内湯ながらも的矢湾の絶景を眺めながらのお湯は、それはそれはもうたまりましぇん!!!*゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ ふたりとも、「ほげー」となっていたことは言うまでありません。

 

 風呂あがりにまたロビーでゆったりしていたら3時を知らせる時計の鐘の音。

 

bar 「おっ。もう3時か」
Tちゃん 「そろそろ行きますか!!」
bar 「おーーーーーーーっ!!!!!」

 

 僕たちは「いかだ荘山上」のおっちゃんや仲居さんに挨拶をして、再び鉄馬上の人となったのでアル!!!! …とかっちょいい書き方をしたところでなんだが、実は志摩磯部(あの郵便局のあたり)からココまでの道はさっぱりわからん。だって「いかだ荘山上」という看板しか見てなかったんだもん。一つ目の交差点でいきなりわけのわからん標識。ツーリングマップルを見ると直進といったところか…と出発しようとしたら、通りかかりのオジイが声をかけてくれた。

 

オジイ 「どこに行くんよ?」
bar 「あ。とりあえずパールロードで鳥羽に行きたいんです」
オジイ 「鳥羽か。それならこれを左折や」
Tちゃん 「えっ? 直進と違うんですか?」
オジイ 「パールロードやろ? 左から行ったらすぐ乗れるで。真っ直ぐ行ったらちょっと距離がある」
bar 「ホンマですか! ありがとうございます!」

 

 そしたら、ホントにすぐパールロードでした。

 

P1310115

 

 パールロードは僕たちが乗った的矢から鳥羽までの北部が一昨年に無料開放! 有料だっただけに、路面がすばらしい!! 無料になってから走るのは今回が初めてだったので、僕は「無料」を堪能するように軽快に流していった。途中にあった休憩ポイントでTちゃんも、「サイコーですねー」とご満悦。

 

P1310117

 

 青空の下、太平洋を遠望できるポイントとしては、鳥羽展望台もあるので、僕たちも定番に従うことにするものの、

 

Tちゃん 「なんか寒くなってきてません?」
bar 「ホンマやな。オレもさっきから感じてた。風呂上りだから? とか思ってたけど」
Tちゃん 「いや、これは風呂上りだからじゃありませんねぇ。もう3時半すぎてるでしょ。こりゃ早く帰ったほうがいいかもしれませんねぇ」

 

 超極寒ツーリングは、時間との勝負でもあるノダ!!!

 

 パールロードもいつの間にか終わり、下道に下りた途端にのろのろ大型バスが前に…。あのぅ、時速30キロなんですが……。

 

 鳥羽市内でガソリン給油後コンビニへ。

 

Tちゃん 「あのバスには参りましたね…。寒くなってきたのに眠くなってきました」

 

 ということで、ミキモト真珠島や近鉄鳥羽駅をパス。二見が浦の手前で、伊勢二見鳥羽スカイラインから伊勢道へ。帰りはバビューンと高速で帰ろうという計画なのでアル。 …とはいえ、やはり寒くなってきたのがよくわかる。鳥羽のコンビニから約30分後、先頭を走っていたTちゃんはたまらず多気PAに突入。そしてまた、その40分後、今度は安濃SAに突入。往路と同じようなペースになってきた。寒くてそれ以上走っていられないノダ!

 

P1310119

多気PA 

 

P1310120

 安濃SA

 

 

 「それにしてもさぶいッスね…」と、Tちゃんはもはや凍死寸前状態(笑)

 

bar 「おい。こんなところでその状態じゃぁ、この先もっと辛くなるぞ~ぉ」
Tちゃん 「いえ。言ってみただけです。今日は僕は新しいことにチャレンジする日なんです」( ̄_ ̄)b
bar 「は?」(・_・?)

 

P1310122

 

 とうとう寒さで頭の中までやられかけているTちゃんであった。

 

 とりあえず無料お茶コーナーで燃えるような熱さのお茶を軽く4杯ずつ飲み干してから、またスタート! 安濃SAから関JCTは近く、そこからは名阪国道。往路にマイナスを記録し、雪まで降ってきた難所。さすがにこの頃には辺りも真っ暗になって、よけいに寒さを感じさせる。僕はTちゃんから借りたウインターグローブのおかげでなんとか手がかじかむことはなくなったのだが、いかんせんヘルメットの中には超冷風が渦巻いて、さぶいさぶい! もうあかん! とばかりに、僕たちは往路にも立ち寄った針T.R.S(道の駅)に入る。ここで午後7時15分。

 

Tちゃん 「いやー、計画とはほど遠くなっちゃいましたね」

 

 僕たちはできれば7時過ぎには解散(香芝SA)しようと目論んでいたのだ。あまりの空腹に僕たちは軽食をとることにした。僕は体をあっためるためにカレーうどん(←超カレー好き)。Tちゃんもやっぱりうどんだ。これでそこそこの値段をとるから、SAやPAはダメなんだよなー。人件費や輸送費がかかるんやろうけど。

 

P1310123

 

 あ、そうそう。今度から高速道路を改革しよう、みたいな企画があって、それが徐々に実行されているというのは、みなさんご存知でしょうか? 売店ももっとキレイにおいしい料理を提供して…みたいな内容が、その中にあったような気がしたんだけど…。もっと早く実行に移してほしいものです。

 

 はふはふ…とカレーうどんをすすっていた僕がふと正面のTちゃんを見ると、何やらケータイをいじりながらうどんを食ってる。

 

P1310124

 

bar 「ん? メールか何か?」
Tちゃん 「違います。今日の僕を見てるんです」
bar 「は? さっきの『新しいことにチャレンジする日』発言といい、寒さで頭がどーにかなってしもたんか?」
Tちゃん 「いや、それがですねぇ」
bar 「どしたん?」
Tちゃん 「…やっぱり教えるの、やめとこ」
bar 「なんでそんなにもったいぶるんや~。教えてくれ~ぇ」
Tちゃん 「わかりましたよ。…実は最近、細木数子にハマってまして」
bar 「何? 細木数子?!」
Tちゃん 「占いです」( ̄_ ̄)b

 

 聞くところによると、何気なく見た細木数子の六星占術で、去年の自分の大不幸ぶりをモノの見事にぶち当てられていたことを知ったTちゃん。それ以来すっかり細木数子様にハマっているらしい。まぁ大学時代のツレにも六星占術の本を毎年買って持ち歩いていたヤツがいたから、名前は知っていたものの、それ以上はあまり詳しくない(と言いつつ自分が金星人だと知ってたりして(笑))。最近テレビにもよく出てるらしいのは知ってるけど、テレビもあんまし見てないし。

 

Tちゃん 「で、ですねぇ。今日の僕は、新しいことにチャレンジするといいことがあるらしいです」
bar 「はは~ん。それでさっき言うてたわけね」
Tちゃん 「実はそうなんです。今日は新しいことにチャレンジすると、何か自分に得るものがあるらしいです」
bar 「こんなにさぶい思いをして、何を得られるっちゅーねん…」
Tちゃん 「まぁまぁ」

 

 とか何とか言いつつも、先を急ぐために名阪国道を急ぐTちゃん&bar。もうすっかり真っ暗闇の高速(やがて西名阪道に入ります)では、バトルか?! と思うほど、みなさんぶんぶん飛ばしてらっしゃる。暗くなったら白バイは店じまいするものの、覆面様のいらっしゃる可能性がある。現に反対車線で一台御用になってたぞ。

 

 ってことで僕たちは極めて理性的な速度で巡航~。申し合わせていた最終休憩ポイント・香芝SAに着いたのは、もう午後8時を回っていた。

 

P1310125

 

bar 「げっ。もう8時回ってるよ」
Tちゃん 「…ホンマですねぇ…。でも僕はこのままココで死ぬまで休みたいです…あったけぇ……」

 

 Tちゃん、ホントにこんな超極寒ツーリングで、何かを得ることができたんですか?(爆)

 

 ちなみに、僕も何かを得ることができたのだろうか…。あ! そういえば、得るモノはあった。それは……














































P1310127

Tちゃんの冬用グローブ♪

借りたまま帰っちゃった♪ また春になったら返すねー* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

(おしまい)